着るだけで効果が期待できる加圧シャツ

着るだけでダイエットできる夢のようなアイテム、それが「加圧シャツ」である!!

 

という冗談は置いておき、近年は加圧シャツが非常に注目されており、類似品まで出回るくらい、その人気は高い。

 

現在人気の加圧シャツは、「金剛筋シャツ」「バルクアップアーマープロ」「マッスルプレス」などが有名であり、類似品は似たような名前で販売されていたりする。

 

そのため、もし試される場合は、きちんと名前を確認してから購入して欲しい。

 

本当に加圧シャツは効果があるのか?

 

さて、加圧シャツは非常に人気ではあるが、本当に着るだけでダイエットできるのだろうか?

 

そこで、効果があるのかどうかを確かめるために、実際に購入して試してみた。

 

まず言えることは、着るだけではムキムキになることはない。

 

断言できるレベルで、だ。

 

公式サイトではかなりそれっぽい言い回しをしているが、筋肉がつくとは書かれておらず、ダイエットできるとも書かれていない。

 

あくまでも、表現でそれらしさを紹介されているだけで、効果効能を謳っていない。

 

加圧シャツを着て感じたこと

 

加圧シャツは体に圧をかけることで、グッと筋肉を占めるける働きがある。

 

そのため、着て真っ先に思ったことは、「きつい!」という反応であり、ピチピチのTシャツを着ているような感じである。

 

実際にピチピチのTシャツに、圧をかける仕様となっているため、着ている最中は何かしらのキツさを感じるが、慣れてくれば気にならなくなる。

 

また、ダイエット効果を謳ってはいないが、加圧することで引締め効果があるため、普通のシャツを着るよりは効果があると私は感じた。

 

加圧シャツの一番の特徴

 

体を引き締めるシャツであるため、着続けることで少しは体は絞れたかとも思うが、一番の効果は目に見えてわかる「姿勢の良さ」である。

 

体のあちらこちらに加圧を加える作りになっているため、着るだけで体がピンっと伸びるため、姿勢が良く見える。

 

私も着て「体が伸びている」と感じるため、大リーグボール養成ギブス・・・のような(勝手に思っているだけだが)、体に圧を感じるのは間違いなく、着始めてからは姿勢が良いと何度か褒められたほどだ。

 

加圧シャツが嫌だったポイント

 

値段が高い!と言うのは本音ではあるが、私が一番いやだと感じたのは、「おなかが隠れない」ということだ。

 

通常のシャツは丈がそれなりにあるため、おなかを隠すことができるが、加圧シャツはピチピチで丈も短く、すぐに捲くれてしまう。

 

丈の長さはあっても問題ないと思うのだが、なぜこれだけ丈が短いのか聞いてみたいところだ。

 

夏場、近場であれば加圧シャツ一枚でうろつきたいところだが、デザインなども含めると私には無理そうだ。

 

結局、加圧シャツでダイエットできるのか

 

正直なところ、3ヶ月続けて思ったのは、とくに効果を実感できない、というのが、私の感想である。

 

この3ヶ月で私は5キロのダイエットに成功したが、これはホットヨガと食事制限によるものが大きく、加圧シャツは懐疑的である。

 

もちろん、姿勢の矯正としては目に見えやすい効果ではあるが、思ったような効果は私にはなかった。

 

そのため、3ヶ月目以降は加圧シャツを着ていない。

 

効果がない!とは言い切れないため、私には効果を実感できなかった、という表現で締めくくらせてもらう。