自分に合ったダイエット方法を見つけることが秘訣!

ダイエットに関しては、ネットや雑誌・テレビの情報など、山のように溢れているが、その中で自分に有効な方法なのかは、かなり難しい判断となる。

 

自分の体質や性格・普段の生活など、人によって大きく異なるため、Aはダイエットに成功したが、Bはダイエットに成功しなかった・・・というのは、当たり前のことである。

 

そこで、ダイエット方法を「食事」「運動」「生活習慣」の3つから、タイプに分けて紹介したいと思う。

 

どのタイプかをチェック!

 

食事編

 

□朝ごはんを食べない
□好き嫌いが多い
□食事が不規則
□スイーツやお菓子などが好き
□遅い時間に食事をする

 

生活習慣編

 

□睡眠時間が短い
□ストレスがたまっている
□風呂に浸からず、シャワーで済ませる
□生活サイクルが乱れている
□夜型の生活

 

運動編

 

□運動が好き
□運動不足
□冷え性
□むくみやすい
□姿勢が悪い

 

上記の中で、チェック項目が多いものが、あなたのタイプである。

 

ダイエットを継続する目安

 

芸能人やモデルに憧れる女性が多いため、健康を無視したダイエットが人気だが、30代の男性であれば、健康に気をつける方の方がむしろ多いだろう。

 

ダイエットはあくまでも健康目的であるため、無理なダイエットや病気や体の調子が悪いときはするべきではない。

 

気になる方法や自分に合った方法さえ見つけることができれば、あとは病気などのとき以外は継続することで、自然と体系は変わってくるはずだ。

 

食事で痩せる

 

食事で体を絞りたい場合、絶対に行ってはいけないものがある。

 

それが「○○ダイエット」という、偏った食だけ食べるものだ。

 

例えばだが、キャベツやバナナといったダイエット方法が一時期流行ったが、これはまったくダメな方法で、やるだけ体に負担がかかる最悪のダイエット方法だ。

 

食事で痩せることを考えるなら、「噛む回数を増やす」「腹八分」のこの2つだけでOKだ。

 

それ以外のことはしなくても十分である。

 

生活習慣で痩せる

 

生活習慣で痩せるのはもっとも難しいかもしれない。

 

人間は一度染み付いた生活習慣はなかなか改善するのが難しいからだ。

 

では、その中で取り入れるのは何がいいのか。

 

例えばだが、丹田(へそ下)を意識する呼吸法はおすすめだ。

 

一見簡単なように思えるが、これがかなりしんどい。

 

モデルが歩く姿勢がキレイなのは、この丹田を意識しているからであり、日常から心がけるだけでも、姿勢や体系は変わってくるはずだ。

 

運動で痩せる

 

運動で痩せることは素晴らしいが、続かない人が多いのもこの運動ダイエットだ。

 

誤解している人も多いが、運動で痩せる場合、何もハードなことをする必要はない。

 

ウォーキングやスイミングなど、体の負荷をかけずに少しずつ痩せやすい体質に変化させることが目的である。

 

激しいスポーツで体を壊しては元も子もないため、軽めの運動を意識して欲しい。